エックスサーバーでドメインプレゼントキャンペーンを逃しても諦めるのはまだ早い

エックスサーバー ブログ運営
スポンサーリンク

はじめに

私がエックスサーバーを契約したのは2018年12月末でした。

個人でブログを運営されている方は、少なからずエックスサーバーを使っておられると思います。

私もはじめてブログを始めようと思って右も左もわからないまま、いろんなサイトでオススメされていたエックスサーバーを契約しました。

エックスサーバーは負荷に強くスピードと容量の点でもブログ運営に申し分なしとのことで、迷わず契約しました。

さらにエックスサーバーのサポートが丁寧で、本記事が書けたのもそのおかげです。

エックスサーバーはSEOにも強いね!

実はエックスサーバーは定期的に「ドメインプレゼントキャンペーン」なるものを開催していて、この期間中にサーバーを契約すれば独自ドメインの利用料が(当該サーバーを契約する限り)永年無料になるという魅力的なキャンペーンです。

私が契約した日はこのキャンペーン期間外であったためキャンペーンドメインが取得できず、キャンペーンの存在自体も契約後に知りました。

しかも契約日の1週間後にキャンペーン期間が始まるという、諦めるに諦めきれない状況でした。

とても損した気分でずっとモヤモヤしていたのですが、結果的にキャンペーンドメインの取得に成功しましたので、その一部始終を公開いたします。

キャンペーン期間外に契約してもキャンペーンドメインを貰える3つのケース

1.無料お試し期間中であれば再契約

エックスサーバーに契約すると、契約後10日間は無料お試し期間となります。

この期間中に解約してキャンペーン期間中に新たに契約すればキャンペーンの対象となります。

2.キャンペーン期間中にサーバーを新たに契約して旧サーバーを解約

このケースではキャンペーンドメインを取得できますがデメリットが2つあります。

<新サーバーを契約した時に発生する2つのデメリット>
①旧サーバーの契約期間分の料金は返金されない
②旧サーバーからドメイン移行が必要

つまり旧サーバーの残り契約期間が長い程、その分の料金が返金されないので損になります。

契約満了ギリギリまで待って、その時たまたまキャンペーン期間中であれば契約する、ということができれば料金的な損失はほぼゼロでキャンペーンドメインが入手できます。

キャンペーンドメインの取得を急いでいない人には有効かもしれません。

ただし、同じエックスサーバー内で旧サーバーから新サーバーへドメインの移行という面倒な手続きが必ず発生します。

<エックスサーバー間でのドメイン移行の問題点>
旧サーバーからのドメインを削除した後に新サーバーに移行する必要がある。

これは同じエックスサーバー同士での移管には、同じドメインを重複して登録することができないことが理由です。

これはつまり、ネット上に当該サイトの空白期間が発生することになります。

これを避けるには、一旦ドメインを別会社のサーバーに移行してから新サーバーにさらに移行しなおすという非常にメンドウな手続きが必要になります。

一応上記の流れで、無料ドメインの取得は可能です。

3.「特例」でキャンペーンドメイン取得

私は上記の2での対応について問い合わせたところ、まずは回答として旧サーバーの契約料の返金はできない旨の確認がありました。

しかしその後、旧サーバーから新サーバーへ料金契約の移管をしていただけることになりまして、実質的に料金的なデメリットはなくなりました。

その後さらに連絡をいただき「特例」として現在のサーバーのままでキャンペーンドメインをいただけることになりました。

その時にやりとりしたメールの内容です。

当サービスでは本来、お支払いいただいたご利用料金の返金は承っておりません。ただ、今回は特例としまして、新規にサーバーアカウントをお申込みいただきましたら、当サポートにてお支払いを新しいアカウントへ充当し、キャンペーンドメインを取得していただけるよう対応いたします。

その場合は旧アカウントは使用できなくなります。

本件につきまして、再度当サポートにて検討いたしました結果、今回は特例としまして、ご利用のサーバーアカウントでキャンペーンドメインを取得していただけるよう調整いたします。

そのため、先のメールにてご案内いたしました「新規サーバーをお申込みいただき、サーバーを移転する」という作業は不要となり、お客様にお手数をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

つきましては、当サポートにてキャンペーンドメインの取得を代行したく存じますので、取得を希望される「ドメイン名」をお知らせくださいますでしょうか。

何卒よろしくお願いいたします。

こちらからお願いしたわけでもないのに親切なご対応をいただき、心から感謝しています。

まとめ

今回私はサーバー移転なしでキャンペーンドメインを取得できるという最高の形で終わったのですが、全ての人が可能とは限りません。

おそらくキャンペーン直前に契約してしまったことによる損失感や不公平感の解消のため、やむを得ず対応していただけたものかと思います。

実際、私もたった1週間の違いでこの先ずっと無料か有料かという大きな違いになるのは納得ができない思いもありましたから。

ただし、この対応は「特例」である旨の内容がメールには明記されていました。

おそらく数年前に契約したような人には今回のような特例は適用されないでしょう。

どちらにしても契約満了ギリギリまで待ってキャンペーン期間中にサーバーを新たに契約することで、サーバー移転という面倒な作業は発生しますが、ほぼ損失なくキャンペーンドメインは取得できますので、ご検討ください。

ブログ開設時に注意すべき「取り返しのつかない」4つの落とし穴
はじめに私は昔、ドラクエやFFといったRPGが好きで、まず始めるときに闇雲に進めていくのではなく、「取り返しのつかない事」を調べてから進めていくようにしていました。ラスボスまでやっとたどり着いて、実は重要なアイテムを取りこ...
ブログ運営
スポンサーリンク
gatekeeperをフォローする
スポンサーリンク
マネーニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました